輝きながら

コレに変えたら、私の小遣いが増えました

住宅ローンの支払いが滞るとどうなる?

住宅ローンの支払いが滞るとどうなる?
名古屋市で家を購入して、幸せな生活を送っていましたが、最近では物価の上昇などにより、住宅ローンの支払いが困難になる方もいらっしゃるかもしれません。
そこで、この記事では、住宅ローンの支払いが滞ってしまった不動産を売却する方法について詳しくご説明します。
住宅ローンの支払いが滞るとどうなる?
皆さんが家を購入して住宅ローンを借りる際、返済期限にしっかりと支払いを行っていることが重要です。
しかし、物価の高騰などが原因で、支払いが滞ってしまうこともあります。
では、住宅ローンの支払いが滞ってしまうと具体的にどうなるのでしょうか。
以下、具体的な流れをご説明いたします。

督促状が届く
住宅ローンの支払いが滞ると、金融機関から1ヶ月から2ヶ月程度で督促状が届くことになります。
この督促状は、支払い期限までに支払いが確認されていない場合に、支払いを促すための書類です。
もし未納分が支払えるのであれば、大きな問題にはなりません。

ブラックリストに登録される
しかし、支払いが3ヶ月程度経過してしまうと、信用情報機関のブラックリストに登録されることになります。
このブラックリストに登録されると、新たに住宅ローンを組むことができなくなったり、クレジットカードの発行ができなくなったりといった悪影響が出てしまいます。

一括での支払いを求められる
そして、さらに支払いを滞納し続けてしまうと、金融機関からは契約を継続することができないと判断され、一括での支払いが求められることになります。
しかしこの時点で、継続的な住宅ローンの支払いが滞っているため、一括での支払いをすぐに行うことは難しいでしょう。
そのため、法律によって、支払い期限の猶予がなくなったと判断され、住宅ローンを借りた本人から保証会社に支払い義務が移されます。
つまり、保証会社が代わりに残りの住宅ローンを支払ってくれるわけですが、返済義務は依然として残ります。
ただ、支払い先が保証会社に変わるということです。
参考ページ:名古屋市で住宅ローンの支払いが滞った不動産を売却する方法は?
住宅ローンの支払いが滞るとどうなる?
名古屋市で家を購入して、幸せな生活を送っていたものの、最近では物価の上昇などによる影響で、住宅ローンの支払いがうまく進まないという方もいらっしゃるかもしれません。
そこで、この記事では、住宅ローンの支払いが滞ってしまった不動産を売却する方法について詳しくご紹介いたします。
住宅ローンの支払いが滞るとどうなるのか?
まず、住宅ローンの支払いが滞ってしまうと具体的にどのようなことが起こるのか、以下にご説明いたします。
①督促状が届く
住宅ローンの支払いが滞ると、金融機関からの督促状が届く可能性があります。
督促状は、支払い期限までに支払いがされていない場合に、支払いを促すための書類です。
もし未納分をすぐに支払えるのであれば、大きな問題にはなりません。
②ブラックリストに載る
しかし、支払いが3ヶ月以上滞ると、信用情報機関のブラックリストに登録される可能性があります。
ブラックリストに登録されると、新たな住宅ローンの組み手続きができなくなったり、クレジットカードの発行が制限されるなど、さまざまな影響が出てしまいます。
③一括での支払いを求められる
さらに滞納が続くと、金融機関からは契約の継続が難しいと判断され、一括での支払いを求められることがあります。
ただし、住宅ローンの支払いが滞っている場合、すぐに一括での支払いは困難です。
そのため、法律により、支払い期限の猶予がなくなり、住宅ローンを借りた本人から保証会社への支払い義務が移されます。
つまり、保証会社が残りの住宅ローンを代わりに支払いますが、返済義務は残ります。
注意点としては、支払いの相手先が保証会社に変更されるということです。
住宅ローンを滞納している場合の競売について
住宅ローンの返済を保証してくれる保証会社にも1ヶ月分の返済が遅れてしまうと、競売の手続きが始まります。
競売では、家の査定が行われ、その情報が裁判所のホームページで公開されます。
競売が進行すると、家に住んでいる期間が短い間に買い手が見つかり、強制的に退去しなければなりません。
競売による売却では、通常の相場価格の約6割から7割程度の価格で売られることが多く、売却価格でも住宅ローンの残債を完済できない場合は、その差額を返済しなければなりません。
これを避けるためには、住宅ローンを滞納している不動産を売却する方法を知る必要があります。

住宅ローンの支払いが滞るとどうなる?
Scroll to top