輝きながら

コレに変えたら、私の小遣いが増えました

名古屋市の一戸建ての売却価格の相場と売却に適したタイミングや注意点について詳しく解説します

名古屋市の一戸建ての売却価格の相場と売却に適したタイミングや注意点について詳しく解説します
名古屋市で一戸建ての家を建てたり、購入したりして、住み続ける予定があるにも関わらず、会社の都合や転勤などでその地を離れなければならなくなることがあります。
思い入れのある家だからこそ、できる限り高く売却したいと考える方も多いでしょう。
この記事では、名古屋市の一戸建ての売却価格の相場や、売却に適したタイミング、注意点などについて、詳しくご紹介します。
ぜひ参考にしていただき、スムーズな売却を実現してください。
名古屋市の一戸建ての売却価格の相場
まずは、名古屋市において一戸建ての家がどのくらいの価格で売買されているのか、相場をチェックしてみましょう。
2021年の売却価格の平均は、1平方メートルあたり約35.34万円でしたが、2022年には約39.91万円に上昇しています。
現在の相場は上昇傾向にあり、売却を考えている方にとっては好都合と言えるでしょう。
なお、2013年から2022年までの10年間のデータを見ると、名古屋市全体の1平方メートルあたりの価格は約13万円も上昇しています。
このことからも、名古屋市は愛知県の中でも非常に需要のあるエリアであることがわかります。
ただし、愛知県全体の平均が約5万円の上昇なので、名古屋市は他のエリアに比べてさらに高くなっているといえます。
区ごとの売却相場
名古屋市には16の区があり、各エリアで一戸建ての売却相場は異なります。
2022年のデータによると、最も高額で売買されているのは「中区」で、1平方メートルあたりの価格は約85万円です。
2番目に高いのは「東区」で、価格は約56万円です。
これは需要が高く、価値があるエリアであることを示しています。
参考ページ:名古屋市の一戸建てはいくらで売却できる?相場や価格の要因など
中区は名古屋市の中心地であり、愛知県庁や名古屋市役所などの行政機関が集まっていることから、高い価格がつけられています。
また、地下鉄の東山線・名城線・鶴舞線・桜通線も走っており、アクセス面でも非常に便利な街です。
一方で、最も安価なのは「港区」で、1平方メートルあたりの価格は約20万円です。
このように、区によって価格が異なるため、売却を考える際は各エリアの相場を把握しましょう。
発展途上の国際交流地域
名古屋市の南端に広がるこの地域は、津波などの自然災害のリスクもある一方で、多様な文化や言語を持つ外国人の方々が多く住んでいます。
そのため、まだまだ発展途上の地域と言えるでしょう。
しかしながら、この地域には興味深い特徴が数多く存在しますので、一度訪れていただくことをおすすめします。

名古屋市の一戸建ての売却価格の相場と売却に適したタイミングや注意点について詳しく解説します
Scroll to top