輝きながら

コレに変えたら、私の小遣いが増えました

最寄り駅までの徒歩所要時間

最寄り駅までの徒歩所要時間
最初にエリアを絞り込んだら、最寄り駅までの「徒歩所要時間」を設定しましょう。
徒歩所要時間とは、目的地まで徒歩で移動する場合にかかる予想時間で、通常は「1分=80m」という基準で計算されます。
ただし、個人の感覚や住んでいる地域によって、徒歩の時間感覚は異なるため、判断が難しい場合もあります。
しかし、最寄り駅までの徒歩所要時間は、日常生活に大きな影響を与える要素ですので、移動の快適さや利便性を考慮して選ぶことが重要です。
通勤や通学時の快適な移動距離や、買い物や外出時の便利な範囲を考えながら、自分にとって理想的な徒歩所要時間を設定しましょう。
参考ページ:駐車 場 2 台 一戸建ては必須条件?新築住宅を探すときにはいろいろな条件から探そう
交通アクセスと周辺環境
国土交通省の「令和3年度住宅市場動向調査報告書」によると、全国の住宅までの最寄り交通機関までの平均距離は約片道1.3kmです。
この距離を徒歩所要時間に換算すると、約17分程度と考えられます。
住宅を選ぶ際には、交通アクセスの良さを考慮することが重要です。
また、周辺環境も重要な要素です。
商業施設や医療機関、学校、公園、図書館などの施設の近さを確認することで、生活の利便性を向上させることができます。
さらに、治安や交通安全性についても考慮することが重要です。
警視庁が公表している犯罪情報マップや交通事故発生マップ、自治体の防犯情報マップなどを利用して、安全性を確認することができます。
また、自然災害のリスクについては、ハザードマップで確認することができます。
住宅を選ぶ際には、事前に安全性を調査しておくことが重要です。
間取り・広さ
住み心地を考える上で、間取りや広さも重要な要素です。
立地条件を決めたら、なるべく早い段階で間取りと広さの条件を整理しておくことが大切です。
どのような間取りが希望なのか、必要なスペースや部屋の数は何か、特に重要なポイントや予算の範囲内で叶えたい要望などを考えましょう。
これにより、物件を選ぶ際に迷いを軽減させることができます。
また、家族構成やライフスタイルに合わせて、共有スペースや個室の広さのバランスを検討することも大切です。
間取りや広さの条件を整理しておくことで、自分にとって快適な住環境を見つけやすくなります。

最寄り駅までの徒歩所要時間
Scroll to top